長崎の新じゃが通販【愛の野菜倶楽部】美味しい新じゃが・新玉・お米直送します
商品検索
image

長崎の畑より直送!

現在地 HOME > 「新じゃが」とは?
「新じゃが」とは?

温暖な気候の長崎県では、春と秋の2回、じゃがいもの栽培と収穫を行います。
1~2月頃植えて4、5月頃に収穫、9月頃に植えて12月に収穫といった感じです。
国内生産量1位である北海道の場合は、春に植えて秋に収穫したものを貯蔵し、
翌年まで少しずつ出荷されます。

近年では、春先に出回る長崎県など暖かい地方のじゃがいもを
「新じゃが」と呼ぶことが多いようです。
当店では、5~7月頃出荷のじゃがいもを「春掘り新じゃが」
12月~2月頃出荷のじゃがいもを「秋掘り新じゃが」としています。

新じゃが

貯蔵販売されるじゃがいもと違い、皮が薄くみずみずしい新じゃがは、
皮ごとそのままいただくのがオススメです。
じゃがバターにしたり、皮ごと揚げてしまいましょう。

地域により栽培、出荷の時期が様々なので、1年中日本のどこかしらで
掘りたての新じゃががいただけるという感じでしょうか。
新じゃがはみずみずしくビタミンCも多い!のでとてもありがたいことですね。

たまねぎ

尚、当店では3月頃に新玉ねぎ出荷予定です。
新玉ねぎは甘くてみずみずしく、そのままサラダでいただくととても美味しいですよ^^
じゃがいもと同様当店の自信作です。

新じゃが、新玉ともに、皮が薄くみずみずしいのが特徴です。


ちなみに新じゃがを保存に適した冷暗所にて貯蔵すると、皮が厚くなり水分が抜けて糖度が上がり(低温になるとデンプンが糖化します)、
スーパーに並ぶ「じゃがいも」になるわけですね


当店の新じゃが「ニシユタカ」はもともと糖度が高いですが、
貯蔵しておくとやはりもっと糖度が上がるようです。
しかし当店では「新じゃが」にこだわり、採れたて・掘りたての
じゃがいもの販売に力を入れています。


▼それぞれのアピールポイント

貯蔵じゃがいも・・糖度が高い。保存性が高い。旨みが凝縮されている。

新じゃがいも・・ビタミンCが多い。新鮮。希少性が高い。皮ごと全部いただける。
image
じゃがいもくんCopyright © 長崎の新じゃが通販 愛の野菜倶楽部. all rights reserved.